Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
愛の探偵たち Three Blind Mice and Other Stories, 1950

内容

(クリスティー文庫より)

愛の探偵たち (クリスティ文庫) 雪のに閉ざされたゲストハウスに電話が入った。ロンドンで起きた殺人事件の関係で警察が向かっているという。やがて刑事がやってきて……マザー・グースの調べにのって起こる連続殺人劇、戯曲「ねずみとり」の原作をはじめ、ポアロ、ミス・マープル、クィンら、名探偵たちの推理がきらめく珠玉の短篇集が新訳で登場



目次

(クリスティー文庫より)

三匹の盲目のねずみ
奇妙な冗談
昔ながらの殺人事件
申し分のないメイド
管理人事件
四階のフラット
ジョニー・ウェイバリーの冒険
愛の探偵たち

翻訳履歴

1966 『クリスチィ短編全集3』宇野利泰訳 創元推理文庫(+解説:中島河太郎)

1980 『愛の探偵たち(クリスティ短編集9)』小倉多加志訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-55)(+解説)

1992 『二十四羽の黒ツグミ(クリスティー短編全集3』宇野利泰訳 創元推理文庫(+解説:中島河太郎)
クリスティ短編全集 (3) 二十四羽の黒ツグミ

2004 『愛の探偵たち』宇佐川晶子訳 早川書房・クリスティー文庫(+解説:西澤保彦)
愛の探偵たち (クリスティ文庫)

Three Blind Mice

登場人物

モリー・ウェインライトモリー・デイヴィスの旧姓
キャサリン・エモリーモリー・デイヴィスの叔母。故人
モーリーン・グレッグモーリーン・ライアンの本名
ジョン・グレッグモーリーンの夫。故人
ケイシー夫人カルヴァー・ストリートの下宿屋の主人
ケーン部長刑事。パーミンター警部の部下
ジムロングリッジ農場に疎開した少年
ジャックモリー・デイヴィスの戦死した婚約者
ジョー労務者
ジョージージムの兄。ロングリッジ農場で死亡
タナーロンドン警視庁警部
ジャイルズ・デイヴィスモリー・デイヴィスの夫。海軍中佐
モリー・デイヴィスモンクスウェル館の経営者
トロッターバークシァー警察部長刑事
パーミンターロンドン警視庁警部
パラヴィチーニモンクスウェル館の下宿人
ビドロック夫人モリー・デイヴィス知人。老婦人
ビル労務者
ボイル夫人モンクスウェル館の下宿人
ホグベンバークシァー警察警視
メトカーフモンクスウェル館の下宿人
モーリーン・ライアンケイシー夫人の下宿人
クリストファー(クリス)・レンモンクスウェル館の下宿人

[戯曲化] →The Mousetrap, 1952

映像化

◆Three Blind Mice, 1950(USA/TV)
※ウィークリー・ドラマ・シリーズ「ザ・ウェブ」にて。

翻訳履歴

1964 「三匹のめくらの鼠」岩下吾郎訳“ミステリマガジン”1964年5月号

1964 「子ネズミの復讐」内田庶訳 学研(中学二年コース7月号第4付録)

1966 「三匹のめくらのネズミ」『二十四羽の黒ツグミ(クリスチィ短編全集3)』宇野利泰訳 創元推理文庫

1980 「三匹の盲ネズミ」『愛の探偵たち(クリスティ短編集9)』小倉多加志訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1972 『死を呼ぶメロディ』内田庶訳 学研(中学一年コース7月号第2付録)

1993 『殺しのメロディー』内田庶訳 国土社てのり文庫

1995 「マザーグース殺人事件」『マザーグース殺人事件(アガサ・クリスティー探偵名作集20)』各務三郎訳 岩崎書店 (※少年少女向け)

1995 『殺しのメロディー』内田庶訳 国土社海外SFミステリー傑作選

2004 「三匹の盲目のねずみ」『愛の探偵たち』宇佐川晶子訳 早川書房・クリスティー文庫

Strange Jest (Marple)

→「Miss Marple's Final Cases

Tape-Measure Murder (Marple)

→「Miss Marple's Final Cases

The Case of the Perfect Maid (Marple)

→「Miss Marple's Final Cases

The Case of the Caretaker (Marple)

→「Miss Marple's Final Cases

The Third Floor Flat (Poirot)

→「Poirot's Early Cases

The Adventure of Johnny Waverly (Poirot)

→「Poirot's Early Cases

Four-and-Twenty Blackbirds (Poirot)

→「クリスマス・プディングの冒険

The Love Detectives (Quin)

→「Problem at Pollensa Bay

Original content ©1996- K.Nagata