愛の重さ
The Burden

※メアリ・ウェスマコット名義
英初版:Heinemann 1956年


愛の重さ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

内容

ローラは寂しい少女だった。両親の愛は、若くして死んだ兄に向けられ、さらに生まれたばかりの妹シャーリーがその愛を奪おうとしている。ローラは嫉妬を覚えた。だが、家が火災に見舞われ妹を救いだしたことで、ローラは愛する歓びを知り、ひたすらシャーリーに愛を注ぎこむ。それが妹の重荷になるとも知らず……
(早川書房 クリスティー文庫)(表紙復刻版)

ローラは淋しい少女だった。両親の愛は、若くして死んだ兄に向けられてきた。そして今度は、生まれてきた妹シャーリーがその愛を奪おうとしている。ローラは嫉妬を覚えた。だが、家が火災に見舞われた日、妹を救い出してから、彼女を愛するようになった。やがて両親を事故で失うと、ローラは惜しみない愛情を注ぎ、妹を育てていく。それが妹の重荷になるとも知らず……。与える愛をテーマに描く、愛の小説シリーズ第2弾。
(早川書房 ハヤカワ・ノヴェルズ)



目次

プロローグ
第一部 ローラ(1929)
第二部 シャーリー(1946)
第三部 ルウェリン(1956)
第四部 初めのごとく(1956)

登場人物

ローラ主人公
シャーリーローラの妹
アーサー・フランクリンローラの父
アンジェラローラの母
チャールズローラの死んだ兄
ジョン・ボールドック学者。アーサーの友人
ヘンリー・グリンエドワーズシャーリーの夫
サー・リチャード・ワイルディング旅行家
ルウェリン・ノックス伝道者

翻訳履歴