Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
未完の肖像 Unfinished Portrait, 1934

※メアリ・ウェスマコット名義

内容

(クリスティー文庫より)

未完の肖像 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 愛に破れた女は幸せに背を向けて生きるすべをおぼえるのか――何不自由なく育ったシーリアは、結婚に破れ、絶望の淵に沈み込んだ。幼い娘を抱えて生きなければならなくなった彼女は、なにゆえ愛を避け、ひとりで歩もうとするのか?女の愛の哀しさを絶妙に描く、クリスティーの「愛の小説」



目次

(ハヤカワ・ミステリ文庫より)

まえがき
第一部 孤島
1. 庭園の女性
2. 行動への呼びかけ
第二部 キャンヴァス
1. 彼女の家庭
2. 外国旅行
3. おばあちゃま
4. 死
5. 母と娘
6. パリ
7. 成長
8. ジムとピーター
9. ダーモット
10. 結婚
11. 母親となる
12. 平和
13. 連帯感
14. 蔦
15. 出世
16. 喪失
17. 破局
18. 恐れ
第三部 孤島
1. 屈服
2. 回想
3. 逃避
4. はじまり

登場人物

シーリア主人公
シリルシーリアの兄
ジョンシーリアの父
ミリアムシーリアの母
ジャンヌ小間使
グラニーシーリアの祖母
ピーター・メイトランド外地勤務の軍人
ジム・グラント農業青年
ダーモット下級将校
ジュディーシーリアの娘
デンマンナース
ケートメイド
ミス・フッド家庭教師

翻訳履歴

1976 『未完の肖像』中村妙子訳 ハヤカワ文庫NV(+訳者あとがき)

1984 『幻の肖像画』中原さつき訳 日本メールオーダー(ミステリーロマンス)

2004 『未完の肖像』中村妙子訳 早川書房・クリスティー文庫(+解説:池上冬樹)
未完の肖像 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

Original content ©1996- K.Nagata