Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
象は忘れない Elephants Can Remember, 1972

内容

(クリスティー文庫より)

象は忘れない 推理作家ミセス・オリヴァが名づけ親になったシリヤの結婚のことで、彼女は先方の母親から奇妙な謎を押しつけられた。十数年前のシリヤの両親の心中事件では、男が先に女を撃ったのか、あるいはその逆だったのか?オリヴァから相談を受けたポアロは、“象のように”記憶力のよい人々を訪れて、過去の真相を探る。



目次

(ハヤカワ・ミステリ文庫より)

1. 文学者昼食会
2. 象に関する最初の言及
第一部 象
3. アリスおばさんの手引き
4. シリヤ
5. 過去の罪は長い影をひく
6. 旧友の回想
7. ふたたび子供部屋に
8. ミセズ・オリヴァの話
9. 象探しの成果
10. デズモンド
第二部 長い影
11. ギャロウェイ警視とポアロ覚え書を検討する
12. シリヤ,エルキュール・ポアロに会う
13. ミセズ・バートン=コックス
14. ウィロビー医師
15. ヘア・スタイリスト・ビューティシャン,ユージン・アンド・ローズンテル
16. ミスタ・ゴビーの報告
17. ポアロ出発を告げる
18. 間奏曲
19. マディとゼリー
20. 審問廷

登場人物

アリアドニ・オリヴァ探偵作家
ミス・リヴィングストンオリヴァの秘書
ミセズ・バートン=コックス未亡人
デズモンドバートンの養子
シリヤ・レイヴンズクロフトオリヴァの名付け子
サー・アリステア・レイヴンズクロフト将軍。シリヤの父
マーガレット・レイヴンズクロフトシリヤの母
ドロシア・ジャローシリヤの伯母
マディ・ルーセルシリヤの家庭教師
ゼリー・モーウラ同上
ジュリア・カーステアズオリヴァの友人
ミセズ・マッチャム同上。
ミセズ・マーリーン同上。
ウィロビー医師
ミセズ・ローズンテル美容院経営者
ミスタ・ゴビー情報屋
ギャロウェイ元警視
バート・スペンス同上
ジョージポアロの従僕
エルキュール・ポアロ私立探偵

映像化

◆象は忘れない 名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 5
Elephants Can Remember, Agahta Christie's POIROT XIII, 2013
監督 ジョン・ストリックランド
脚本 ニック・ディア
出演 デビッド・スーシェ(エルキュール・ポワロ)、 ゾーイ・ワナメイカー(アリアドニ・オリヴァ)、 ヴァネッサ・カービー(シリア・レーブンズクロフト)、 アレキサンドラ・ダウリング(マリー・マクダーモット)、 イアン・グレン(ウィロビー博士)、 グレタ・スカッキ(バートンコックス夫人)、 ヴィンセント・リーガン(ビール警部)

翻訳履歴

1973 「象は忘れない」『ミステリマガジン』1973年2月号〜5月号 中村能三訳

1973 『象は忘れない』中村能三訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(1211)(+「クリスティーとクリスマス」)

1979 『象は忘れない』中村能三訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-44)(+「晩年のクリスティーとポアロ」)

2003 『象は忘れない』中村能三訳 早川書房・クリスティー文庫(+解説:芦辺拓)
象は忘れない

Original content ©1996- K.Nagata