Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
第三の女 Third Girl, 1966

内容

(クリスティー文庫より)

第三の女 (クリスティー文庫) 自分が犯したらしい殺人についてご相談したい。そう言ってポアロを訪ねてきた若い娘は、結局何も告げないまま立ち去ってしまった。その午後、事情通のオリヴァ夫人から事情を聞いたポアロは、俄然興味を示し、夫人とともに調査を始める。だが娘の周囲に殺人の匂いはなかった……死体なき殺人の謎をポアロが追う。



登場人物

アンドリュウ・レスタリック実業界の大物
メアリ・レスタリックアンドリュウの後妻
ノーマ・レスタリックアンドリュウの娘。ボロディン・マンション在
サー・ロデリック・ホースフィールドアンドリュウ・レスタリックの伯父
クローディア・リース=ホランドアンドリュウ・レスタリックの秘書
デイビッド・ベイカーノーマのBF。画家
ソニアロデリック卿の秘書
フランシス・キャリイ室内装飾家。ノーマの同居人
ジョン・スティリングフリート精神医学博士。ポアロの友人
アリアドニ・オリヴァ探偵小説作家
ニール主任警部
ジョージポアロの従僕
ミス・レモンポアロの秘書
エルキュール・ポアロ私立探偵

映像化

◆第三の女 Third Girl 名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 3
Agahta Christie's POIROT XI, 2008(UK/TVM)
監督 ダン・リード
脚本 ピーター・フラナリー
出演 デビッド・スーシェ(ポアロ)、 ゾーイ・ワナメイカー(オリヴァ夫人)、 ジェミマ・ルーパー(ノーマ)、 クレメンシー・バートン=ヒル(クローディア)、 マティルダ・スターリッジ(フランシス)、 ジェームズ・ウィルビー(アンドリュー)、 トム・マイソン(デビッド)、 デヴィッド・イェランド(ジョージ)、 ジョン・ワーナビー(ネルソン警部補)、 ピーター・ボウルズ(ロデリック卿)、 ヘイドン・グワイン(バタスビー)

翻訳履歴

1970 『第三の女』小尾芙佐訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(1115)(+「ポアロ,久々の登場」)

1977 『第三の女』小尾芙佐訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-25)

2004 『第三の女』小尾芙佐訳 早川書房・クリスティー文庫(+解説:石川絢士)
第三の女 (クリスティー文庫)

Original content ©1996- K.Nagata