Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
クリスマス・プディングの冒険 The Adventure of the Christmas Pudding, 1960

内容

(クリスティー文庫より)

クリスマス・プディングの冒険 (クリスティー文庫) 英国の楽しい古風なクリスマス。そんな時でもポアロは推理にあけくれていた。外国の王子がある女性によって由緒あるルビーを奪われたので、それを見つけ出してほしいというのだ。女性が潜む屋敷へと赴いたポアロは探偵活動を開始する。表題作をはじめ、短篇の名手クリスティーによる短篇のフルコースを召し上がれ。



目次

(クリスティー文庫より)

クリスマス・プディングの冒険
スペイン櫃の謎
負け犬
二十四羽の黒つぐみ

グリーンショウ氏の阿房宮

翻訳履歴

1961 『クリスマス・プディングの冒険』橋本福夫ほか訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(640)(+「クリスティーへの讃辞」)

1985 『クリスマス・プディングの冒険(クリスティ短編集13)』橋本福夫ほか訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-78)

2004 『クリスマス・プディングの冒険』橋本福夫ほか訳 早川書房・クリスティー文庫(+解説:川原泉)
クリスマス・プディングの冒険 (クリスティー文庫)

The Adventure of the Christmas Pudding (Poirot)

内容

ある王家の有名なルビーが盗まれ,それを取り返すよう依頼されたポアロは,英国の田舎の古風なクリスマスを過ごす…

登場人物

エルキュール・ポアロ私立探偵
アリー某国の王子
デイヴィッド・ウェルウィンセアラの友人
コリンレイシイ夫妻の孫
ジェスモンドイギリス連邦の利益の為に働く男
セアラレイシイ夫妻の孫
ティビッツレイシイ夫人の昔の恋人
ブリジェットレイシイ夫人の姪の娘
アニイ・ベイツロスおばさんの手伝い
ペブレルレイシイ宅の執事
ホープ家レイシイ夫人の知人
マイケルコリンの友人
ダイアナ・ミドルトンレイシイ夫人のいとこ
エドウィナ・モアクームセアラの名付け親
デイヴィッド・リーウォートリイセアラのBF
ミス・リーウォートリイデズモンドの妹
エム・レイシイポアロの招待主
ホレイス・レイシイ大佐。キングス・レイシイの主人
ロスレイシイ宅のクリスマス時のお手伝い

映像化

◆盗まれたロイヤル・ルビー
The Theft of the Royal Ruby, Agahta Christie's POIROT III, 1991(UK/TVM)
監督 アンドリュー・グリーヴ
脚本 アンソニー・ホロウィッツ、クライブ・エクストン
出演 デビッド・スーシェ(ポアロ)、ナイジェル・ル・バリアント(デズモンド・リーワートリー)、ジョン・バーノン(デビッド・ウェリン)、フレデリック・トレベス(レイシー大佐)、ステファニー・コール(レイシー夫人)、デビッド・ハウィー(ジェスモンド)、タリーク・アリバリ(ファルーク殿下)、ヘレナ・ミッチェル(セーラ・レイシー)、ジョン・ダンバー(ペバリル)
◆クリスマス・プディングの冒険(全2回)
アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル, 2004-05(NHK)
監督 高橋ナオヒト
脚本 大橋志吉
声優 ポワロ(里見浩太朗)、レイシイ夫人(星由里子)、ブリジェット(玉置茂美)、メイベル(折笠富美子)、ヘイスティングズ(野島裕史)、オリバー(城雅子)、セアラ(加藤優子)、デズモンド(矢尾一樹)、デイビッド(桐井大介)、ダイアナ(佐々木瑶子)、コリン(皆川純子)、マイケル(本田貴子)、ジェスモンド(小野大輔)

翻訳履歴

1961 「クリスマス・プディングの冒険」『クリスマス・プディングの冒険』橋本福夫訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1985 「クリスマス・プディングの冒険」『クリスマス・プディングの冒険(クリスティ短編集13)』橋本福夫訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「クリスマス・プディングの冒険」『クリスマス・プディングの冒険』橋本福夫ほか訳 早川書房・クリスティー文庫

The Mystery of The Spanish Chest (Poirot)

内容

晩餐会に出席した六人の男女のうちの一人が,壁際のスペイン櫃の中で死んでいた。「バグダッドの大櫃の謎」と同じ内容。

登場人物

エルキュール・ポアロ私立探偵
アダムズ夫人銀行の支配人夫人。ミス・レモン知人
アーノルド・クレイトンリッチ少佐の旧友。大蔵省官吏
マーガリータ・クレイトンアーノルド・クレイトンの妻
ジョンストンアーノルド・クレイトンの友人
ジェレミイ・スペンス下級公務員。チェルシイ在
リンダ・スペンスジェレミイ・スペンスの妻
アビイ・チャタートンチャタートン卿夫人
チャタートン卿貴族。上院議員
ウィリアム・バージェスリッチ少佐の召使
ジョック・マクラレン中佐。リッチ少佐の旧友
チャールズ・リッチ少佐。裕福な独身者。退役軍人
ミス・レモンポアロの秘書

映像化

◆スペイン櫃の秘密
The Mystery of the Spanish Chest, Agahta Christie's POIROT III, 1991(UK/TVM)
監督 アンドリュー・グリーヴ
脚本 アンソニー・ホロウィッツ
出演 デビッド・スーシェ(ポアロ)、ヒュー・フレイザー(ヘイスティングス)、フィリップ・ジャクソン(ジャップ警部)、ジョン・マッキネリー(カーティス大佐)、ピップ・トレンズ(リッチ少佐)、アントニア・ペンバートン(レディ・チャタートン)、キャロライン・ラングリッシュ(マーゲリート・クレイトン)、マルコム・シンクレア(エドワード・クレイトン)、ピーター・コプリー(バーゴイン)

翻訳履歴

1961 「スペイン櫃の秘密」『クリスマス・プディングの冒険』福島正実訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1985 「スペイン櫃の秘密」『クリスマス・プディングの冒険(クリスティ短編集13)』福島正実訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1991 「スペイン櫃の謎」『あなたのお庭はどんな庭?(アガサ・クリスティー探偵名作集4)』各務三郎訳 岩崎書店 (※少年少女向け)

2004 「スペイン櫃の謎」『クリスマス・プディングの冒険』橋本福夫ほか訳 早川書房・クリスティー文庫

The Under Dog (Poirot)

内容

アストウェル卿が殺害され,一週間後に甥が逮捕された。だが卿の夫人はこの事実を認めず,ポアロに調査を依頼した。

登場人物

エルキュール・ポアロ私立探偵
ナンシー・アストウェルルーベン卿の妻
ビクター・アストウェルルーベン卿の弟&共同経営者
ルーベン・アストウェル卿会社経営者
エルキンズゴルフ・ホテル宿泊客
カザレハーレー街医学博士。ポアロの友人
グラディスルーベン卿宅の女中
ミス・コールマイター・ホテルの女主人
ジェミナジョージの伯母
スウォン大尉。ゴルフ・ホテル宿泊客
オーエン・トレファシスルーベン卿の秘書
パースシャ公爵夫人
パースンズルーベン卿の執事
ハンフリー・ネイラー大尉。マイター・ホテル宿泊客
ブラント少佐。ゴルフ・ホテル宿泊客
ベンスンゴルフ・ホテル宿泊客
リリー・マーグレイブアストウェル夫人の秘書
メイヒューチャールズ・レバースンの弁護士
ミス・ラングドンゴルフ・ホテルの女主人
チャールズ・レバースンルーベン卿の甥

映像化

◆負け犬
The Under Dog, Agahta Christie's POIROT V, 1993(UK/TVM)
監督 ジョン・ブルース
脚本 ビル・クレイグ
出演 デビッド・スーシェ(ポアロ)、ヒュー・フレイザー(ヘイスティングス)、ポーリン・モラン(ミス・レモン)、ビル・ウォリス(ホレース・トレフューシス)、アンドリュー・シーア(ハンフリー・ネイラー)、デニス・リル(ルーベン卿)、イアン・ゲルダー(ビクター・アストウェル)、ジョナサン・フィリップス(チャールズ)、アディ・アレン(リリー)、アン・ベル(アストウェル夫人)、ジョン・エビッツ(パーソンズ)、ルーシー・デビッドソン(グラディス)

翻訳履歴

1956 「負け犬」都筑道夫訳『別冊宝石』第9巻第4号(世界探偵小説全集 アガサ・クリスティ篇 第二集)

1961 「負け犬」『クリスマス・プディングの冒険』小笠原豊樹訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1967 「負け犬」『死人の鏡(クリスチィ短編全集5)』宇野利泰訳 創元推理文庫

1985 「負け犬」『クリスマス・プディングの冒険(クリスティ短編集13)』小笠原豊樹訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

Four-and-Twenty Blackbirds (Poirot)

内容

毎週決まった日に食事に来ていた老人が,急に姿を消した。興味を持ったポアロは,その地区の死亡者リストを調べてみた。

登場人物

エルキュール・ポアロ私立探偵
アンソニー・ガスコインヘンリ・ガスコインの双子の兄
ヘンリ・ガスコインギャラント・エンデヴァの常連客
オウガスタス・ジョンエッチング画家
メアリ・ヒルアンソニイ・ガスの家庭教師
ヘンリ・ボニントンポアロの友人
マカンドリュウ医師。スコットランド人。チェルシー在
モリイギャラント・エンデヴァのウェイトレス
ジョージ・ロリマー医師。ヘンリ・ガスコインの甥

映像化

◆24羽の黒つぐみ
Four and Twenty Blackbirds, Agahta Christie's POIROT I, 1989(UK/TVM)
監督 レニー・ライ
脚本 ラッセル・マレー
出演 デビッド・スーシェ(ポアロ)、ヒュー・フレイザー(ヘイスティングス)、フィリップ・ジャクソン(ジャップ警部)、ポーリン・モラン(ミス・レモン)、リチャード・ハワード(ジョージ・ロリマー)、トニー・エイトキン(トミー・ピンナー)、チャールズ・ペンバートン、ジェフリー・ラーダー(ハリー・クラーク)、デニス・ホーソーン(ボニントン)、ホリー・デ・ジョン(ダルシィ・レイン)、クリフォード・ローズ(メイキンソン)、フィリップ・ロック(カッター)、ヒラリー・メイソン(ヒル夫人)、マージィ・ローレンス(アイリーン・マーレン)、スー・エリオット(エディス)
◆二十四羽の黒つぐみ
アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル, 2004-05(NHK)
監督 高橋ナオヒト
脚本 十川誠志
声優 エルキュール・ポワロ(里見浩太朗)、マカンドリュー(美木良介)、メイベル(折笠富美子)、ヘイスティングス(野島裕史)、ミス・レモン(田中敦子)、オリバー(城雅子)、ジョージ・ロリマー(関俊彦)、モリー(中川亜紀子)、メイド(橘U子)、検死官(立木文彦)、警官A (小野大輔)、警官B (桐井大介)

翻訳履歴

1961 「二十四羽の黒つぐみ」『クリスマス・プディングの冒険』神谷芙佐訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1966 「二十四羽の黒ツグミ」『二十四羽の黒ツグミ(クリスチィ短編全集3)』宇野利泰訳 創元推理文庫

1979 「二十四羽の黒つぐみ」『クリスティーの6個の脳髄』各務三郎編,深町眞理子訳 講談社文庫

1985 「二十四羽の黒つぐみ」『クリスマス・プディングの冒険(クリスティ短編集13)』神谷芙佐訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1986 「二十四羽の黒つぐみ」『アガサ=クリスティ 推理・探偵小説集(1)』各務三郎編,深町眞理子訳 偕成社文庫 (※少年少女向け)

1997 「二十四羽の黒鶫」『エルキュール・ポアロ(世界の名探偵コレクション4)』戸田裕之訳 集英社文庫

2004 「二十四羽の黒つぐみ」『クリスマス・プディングの冒険』橋本福夫ほか訳 早川書房・クリスティー文庫

2007 「二十四羽の黒ツグミ」『ミステリーセレクション(1)ミステリーは身をたすく』赤木かん子編 ポプラ社

The Dream (Poirot)

内容

毎夜ピストル自殺の夢を見るという大金持から相談をもちかけられた。ところが一週間後,夢と同じ状態で彼は死んでしまった。

登場人物

エルキュール・ポアロ私立探偵
ヒューゴー・コーンウォージィベネディクト・ファーリーの秘書
ジョン・スティリングフリート精神医学博士。ポアロの友人
バーネット警部
ベネディクト・ファーリー百万長者。ロンドン在
ジョアンナ・ファーリーベネディクト・ファーリーの娘
ルイズ・ファーリーベネディクト・ファーリーの後妻
ホームズベネディクト・ファーリーの執事

映像化

◆夢
The Dream, Agahta Christie's POIROT I, 1989(UK/TVM)
監督 エドワード・ベネット
脚本 クライブ・エクストン
出演 デビッド・スーシェ(ポアロ)、ヒュー・フレイザー(ヘイスティングス)、フィリップ・ジャクソン(ジャップ警部)、ポーリン・モラン(ミス・レモン)、アラン・ハワード(ヒューゴ・コーンワージー)、ジョエリー・リチャードソン(ジョアンナ・ファーリー)、メアリー・タム(ミセス・ルイーズ・ファーリー)、マーティン・ウェナー(ハーバート・チャドリー)、クリストファー・ソール(トレムレット)、ポール・ラコー(ステリングフリート/医師)

翻訳履歴

1961 「」『クリスマス・プディングの冒険』小倉多加志訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1962 「」柳泰雄訳『宝石』第17巻第1号(新春増大号)

1967 「」『砂に書かれた三角形(クリスチィ短編全集4)』宇野利泰訳 創元推理文庫

1978 「」武田武彦訳『海外ミステリー傑作選』武田武彦/編 集英社(集英社文庫コバルトシリーズ)

1985 「」『クリスマス・プディングの冒険(クリスティ短編集13)』小倉多加志訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「」『クリスマス・プディングの冒険』橋本福夫ほか訳 早川書房・クリスティー文庫

Greenshaw's Folly (Marple)

内容

レイモンドは興味を引かれて奇妙な建物である阿房宮を訪問した。だがその直後,屋敷の持主が殺された。

登場人物

ジェーン・マープル探偵好きの老嬢
イースタリー将軍。ミス・マープル知人
レイモンド・ウェストミス・マープル甥。小説家&詩人
ジョーン・ウェストレイモンド・ウェストの妻。画家
ウェルチ警部
ルイザ(ルー)・オクスリージョーン・ウェストの姪。未亡人
キャサリン・ドロシー・グリーンショウグリーンショウ氏の娘
ナサニエル・グリーンショウ立志伝中の人物。故人
クレスウェル夫人ミス・グリーンショウの家政婦
ケイリー巡査部長
ネイスミスミス・マープル知人
ホレイス・バインドラーレイモンド・ウェスト友人。文芸評論家
ナット・フレッチャーミス・グリーンショウの甥。俳優
ネッティ・フレッチャーグリーンショウ氏の娘
ハリー・フレッチャーネッティの夫。馬術教師
アルフレッド・ポロックミス・グリーンショウの庭番
トマス・ポロックアルフレッドの祖父
ローラグリーンショウ氏の娘。牧師補夫人

翻訳履歴

1961 「グリーンショウ氏の阿房宮」『クリスマス・プディングの冒険』宇野利泰訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1985 「グリーンショウ氏の阿房宮」『クリスマス・プディングの冒険(クリスティ短編集13)』宇野利泰訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「グリーンショウ氏の阿房宮」『クリスマス・プディングの冒険』橋本福夫ほか訳 早川書房・クリスティー文庫

映像化

◆Greenshaw's Folly
Agatha Christie's MARPLE Season 6, 2013(UK/ITV)
監督 Sarah Harding
脚本 Tim Whitnall
出演 ジュリア・マッケンジー(マープル)
Original content ©1996- K.Nagata