Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
無実はさいなむ Ordeal by Innocence, 1958

内容

(クリスティー文庫より)

無実はさいなむ (クリスティー文庫) 慈善家の老婦人が殺され、評判の悪い養子のジャッコが逮捕された。彼はアリバイを主張したものの有罪となり、獄中で死んだ。それから二年後、外国から帰ってきた男が、ジャッコの冤罪を告げに遺族の住む屋敷を訪れた。が、その来訪は遺族にとって迷惑だった。落着したはずの事件が蒸し返されることになったのだ。



登場人物

アーサー・キャルガリ地理学者
レイチェル・ルイーズ・アージルサニー・ポイントの持ち主
リオ・アージルレイチェルの夫
グエンダ・ヴォーンリオの秘書
メアリ(ポリー)・デュラントアージル家養子
マイケル(ミッキー)・アージルアージル家養子
ジャック(ジャッコ)・アージルアージル家養子
ヘスター・アージルアージル家養子
クリスティナ(ティナ)・アージルアージル家養子
フィリップ(フィル)・デュラントポリー・デュラントの夫
モーリン・クレッグジャック・アージル未亡人
カースティン・リンツトロムアージル家の家政婦
マクマスター老医師
ドナルド(ドン)・クレイグヘスター・アージルの恋人。医師
アンドリュウ・マーシャル弁護士
ヒュイッシ警視

映像化

◆ドーバー海峡殺人事件
Ordeal by Innocence, 1984(UK)
監督 デズモンド・デーヴィス
脚本 アレクサンダー・スチュワート
出演 ドナルド・サザーランド(アーサー・キャルガリ)、 フェイ・ダナウェイ(レイチェル・アージル)、 イアン・マクシェーン(フィリップ・デュラント)、 クリストファー・プラマー(リオ・アージル)、 フィービー・ニコルズ(ティナ・アージル)、 アネット・クロスビー(カースティン・リンツトロム)、 サラ・マイルズ(メアリ・デュラント)、 ダイアナ・クイック(グエンダ・ヴォーン)、 マイケル・エルフィック(ヒュイッシ警視)、 ジョージ・イネス、 マイケル・マロニー(ミッキー・アージル)、 キャシー・スチュアート(モーリン・クレッグ)、 ビリー・マッコール
◆無実はさいなむ
Ordeal by Innocence, Agatha Christie's MARPLE Season 3, 2007(UK/TVM)
演出 モイラ・アームストロング
脚本 スチュアート・ハーコート
出演 ジェラルディン・マクイーワン(ミス・マープル)、 ジュリエット・スティーヴンソン(グエンダ)、 デニス・ローソン(リオ)、 アリソン・ステッドマン(カーステン)、 リチャード・アーミテージ(フィリップ)、 ステファニー・レオニダス(へスター)、 リサ・スタンスフィールド(メアリ)、 バーン・ゴーマン(ジャッコ)、 ジェーン・シーモア(レイチェル)、 トム・ライリー(ボビー)、 リース・シェアスミス(ヒュイッシ)、 ジュリアン・リンド・タット(キャルガリ)、 ブライアン・ディック(ミッキー)、 グーグー・ムバサ・ロー(ティナ)、 マイケル・フィースト(クロカー)、 ピッパ・ヘイウッド(ミセス・プライス)、 カミーユ・コドゥリ(ミセス・リンジー)
◆無実はさいなむ
Am stram gram, Les petits meurtres d'Agatha Christie, 2009 (fr/TV)
監督 ステファン・カップ
脚本 Sylvie Simon
出演 アントワーヌ・デュレリ(ラロジエール警視)、マリウス・コルッチ(ランピオン刑事)

翻訳履歴

1960 『無実はさいなむ』小笠原豊樹訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(546)(+小笠原豊樹「慈善と偽善」)

1978 『無実はさいなむ』小笠原豊樹訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-30)(+小笠原豊樹「慈善と偽善」)

2004 『無実はさいなむ』小笠原豊樹訳 早川書房・クリスティー文庫(+解説:濱中利信)
無実はさいなむ (クリスティー文庫)

Original content ©1996- K.Nagata