Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
葬儀を終えて After the Funeral, 1953

内容

(クリスティー文庫より)

葬儀を終えて (クリスティー文庫) リチャードは殺されたんじゃなかったの――アバネシー家の当主リチャードの葬儀が終わり、その遺言公開の席上、末の娘のコーラが無邪気に口にした言葉。すべてはその一言がきっかけだったのか?翌日、コーラが惨殺死体で発見される。要請を受けて事件解決に乗り出したポアロが、一族の葛藤の中に見たものとは?



登場人物

リチャード・アバネシーアバネシー家の主人
レオ・アバネシーリチャードの弟
ヘレン・アバネシーリチャードの義妹(レオの妻)
ティモシー・アバネシーリチャードの弟
モード・アバネシーリチャードの妻
ローラ・クロスフィールドリチャードの妹
ジョージ・クロスフィールドローラの息子。リチャードの甥
コーラ・ランスケネリチャードの末妹
スーザン・バンクスゴードン・アバネシーの娘。
リチャードの姪
グレゴリー・バンクススーザンの夫。薬屋店員
ロザムンド・シェーンリチャードの姪(ジェラルディン
・カースンの娘)。俳優
マイクル・シェーンロザムンドの夫。俳優
ランズコムアバネシー家の老執事
エントウイッスルリチャードの遺言執行者
ギルクリストコーラ・サンスケネの家政婦
モートンバークシャー州警察警視
エルキュール・ポアロ私立探偵

映像化

◆寄宿舎の殺人 ミス・マープル 寄宿舎の殺人 -アガサクリスティの 葬儀を終えて
Murder at the Gallop, 1963(UK)
未公開
監督 ジョージ・ポロック
脚本 ジェームズ・キャベノー
出演 マーガレット・ラザフォード(ミス・マープル)、 ロバート・モーレイ(ヘクター・エンダビー)、 フローラ・ロブソン、 チャールズ・ティングウェル(クラドック警部)、 ストリンガー・デイヴィス(ストリンガー)、 ダンカン・ラモント(ヒルマン)、 カーチャ・ダグラス(ロザムンド・シェーン)、 ジュームズ・ウィリアーズ(マイクル・シェーン)、 ロバート・アーカート(ジョージ・クロスフィールド)、 ゴードン・ハリス(ベーコン警部)
◆葬儀を終えて 名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 2
After the Funeral, Agahta Christie's POIROT X, 2006(UK/TVM)
監督 モーリス・フィリップス
脚本 フィロミーナ・マクドナー
出演 デビッド・スーシェ(ポアロ)、ロバート・バサースト(ギルバート)、ジェラルディン・ジェイムズ(ヘレン)、モニカ・ドーラン(ギルクリスト)、マイケル・ファスベンダー(ジョージ)、フィオナ・グラスコット(ロザムンド)、ルーシー・パンチ(スザンナ)、アンナ・カルダー・マーシャル(モード)

翻訳履歴

1956 『葬儀を終えて』加島祥造訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(286)

1976 『葬儀を終えて』加島祥造訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-3)(+解説:戸板康二)

2003 『葬儀を終えて』加島祥造訳 早川書房/クリスティー文庫(+解説:折原一)
葬儀を終えて (クリスティー文庫)

Original content ©1996- K.Nagata