Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
バグダッドの秘密 They Came to Baghdad, 1951

内容

(クリスティー文庫より)

バグダッドの秘密 (クリスティ文庫) おしゃべり好きが災いして会社を首になったヴィクトリアは、一目惚れした美青年を追いかけて一路バグダッドへ。やっとのことで彼の勤め先を探しあて、タイピストとして潜り込んだものの、とたんに不可解な事件に巻き込まれてしまった。さらに犯人の魔の手は彼女にものびて……中東を舞台に展開するスパイ・スリラー



登場人物

ヴィクトリア・ジョーンズタイピスト
アンナ・シェーレ銀行頭取の秘書
ダキン石油会社の幹部
クロスビー大佐ダキンの部下
ヘンリー・カーマイケルイギリスの秘密諜報部員
ラスボーン博士<オリーヴの枝の会>の会長
エドワード・ゴアリング復員将校。ラスボーン博士の秘書
ポーンスフット・ジョーンズ博士考古学者
リチャード・ベイカー領事館の客。考古学者。カーマイケルの学友
ルーパト・クロフトン・リー旅行家
マーカス・ティオティオ・ホテルの経営者

翻訳履歴

1956 『バグダッドの秘密』赤嶺弥生訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(280)

1979 『バグダッドの秘密』中村妙子訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-51)(+訳者あとがき)

2004 『バグダッドの秘密』中村妙子訳 早川書房・クリスティー文庫(+解説:北原尚彦)
バグダッドの秘密 (クリスティ文庫)

Original content ©1996- K.Nagata