Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
忘られぬ死 Sparkling Cyanide, 1945

内容

(クリスティー文庫より)

忘られぬ死 (クリスティ文庫) 男を虜にせずにはおかない美女ローズマリー。彼女が自分の誕生パーティの席上で突然毒をあおって世を去り、やがて一年――彼女を回想する六人の男女がいた。彼らが一年前と同じ日、同じ場所に再び集ったとき、新たな悲劇の幕が上がった!複雑な人間関係と巧みなプロット、鮮やかなトリックが冴える中期の秀作。



目次

(ハヤカワ・ミステリ文庫より)

第一篇 ローズマリー
第二篇 万霊節
第三篇 アイリス

登場人物

ローズマリー・バートン富豪の女性。ポール・ベネットの相続人
ジョージ・バートンローズマリーの夫
アイリス・マールローズマリー・バートンの妹
ルシーラ・ドレイクローズマリーの伯母
ヴィクタールシーラの息子
ルース・レシングジョージの秘書
スティーヴン・ファラデー新進政治家
アレクサンドラ(サンドラ)・ファラデースティーヴン・ファラデー夫人
アンソニー(トニー)・ブラウンローズマリー・バートン友人
ベティ・アーチデイルメイド
ジョニー・レイス大佐。陸軍情報部部長
ケンプロンドン警視庁主任警部

映像化

◆忘られぬ死/スキャンダル殺人事件
Sparkling Cyanide, 1983(USA/TVM)
監督 ロバート・M・ルイス
脚本 ロバート・M・ヤング、スティーヴン・ハンフリー、スー・グラフトン
出演 デボラ・ラフィン(アイリス・マードック)、 アンソニー・アンドリュース(トニー・ブラウン)、 ハリー・モーガン(ケンプ主任警部)、 パメラ・ベルウッド(ルース・レシング)、 ナンシー・マーチャンド(ルシーラ・ドレイク)、 ジョセフ・ソマー(ジョージ・バートン)、 クリスティーン・ベルフォード(ローズマリー・バートン)、
◆忘られぬ死 忘られぬ死
Sparkling Cyanide, 2003(UK/TVM)
監督 トリストラム・パウエル
脚本 ローラ・ラムソン
出演 ポーリーン・コリンズ(キャサリン・ケンドル)、 オリヴァー・フォード・デイヴィス(ジェフリー・リース大佐)、 ケネス・クラナム(ジョージ・バートン)、 ジョナサン・ファース(マーク・ドレイク)、 スーザン・ハンプシャー(ルシーラ・ドレイク)、 クレア・ホルマン(アレクサンドラ・ファラデー)、 ジェームズ・ウィルビー(スティーヴン・ファラデー)、 リア・ウィリアムズ(ルース・レシング)、 レイチェル・シェリー(ローズマリー・バートン)、 クロエ・ハウマン(アイリス・マール)
Meurtre au champagne (2013)
Les petits meurtres d'Agatha Christie, 2013 (fr/TV)
演出 エリック・ウォレット
脚本 Sylvie Simon
出演 Samuel Labarthe, Blandine Bellavoir, Élodie Frenck, Dominique Thomas, Éric Beauchamp, Éodie Navarre, Jean-Philippe Écoffey, Claude Perron, Antoine Oppenheim, Luis Inacio, Hélène Médigue, Alexis Michalik

翻訳履歴

1954 『忘られぬ死』村上啓夫訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(107)(+江戸川乱歩「クリスティーの新傾向作」)

1985 『忘られぬ死』中村能三訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-80)

2004 『忘られぬ死』中村能三訳 早川書房・クリスティー文庫(+解説:結城信孝)
忘られぬ死 (クリスティ文庫)

2006 「追憶のローズマリー」『チムニーズ館の秘密』榛野なな恵 コーラスクイーンズコミックス
チムニーズ館の秘密 (クイーンズコミックス)

Original content ©1996- K.Nagata