Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
動く指 The Moving Finger, 1943

内容

(クリスティー文庫より)

動く指 (クリスティー文庫) 傷痍軍人のパートンが療養のために妹とその村に居を構えてまもなく、悪意と中傷に満ちた匿名の手紙が住民に無差別に届けられた。陰口、噂話、疑心暗鬼が村全体を覆い、やがて名士の夫人が服毒自殺を遂げた。不気味な匿名の手紙の背後に隠された事件の真相とは?ミス・マープルが若い二人の探偵指南役を務める。



登場人物

ジェーン・マープル探偵好きな独身の老婦人
ジェリー・バートン傷痍軍人。語り手
ジョアナ(ジョー)・バートンジェリーの妹
リチャード(ディック)・シミントン事務弁護士
モナ・シミントンディックの妻
ミーガン・ハンターモナの先夫の娘
エルジー・ホーランドシミントン家の家庭教師
アグネス・ウォデルシミントン家のお手伝い
ローズシミントン家のコック
オーエン・グリフィス医師
エメ・グリフィスオーエンの妹
エミリー・バートンリトル・ファーズ邸の持主
パトリッジリトル・ファーズ邸のお手伝い
ケイレブ・デイン・カルスロップ教区牧師
モード・デイン・カルスロップ教区牧師夫人
ナッシュ郡警察の警視
ミス・ギンチガルブレイス・アンド・シミントン法律事務
ジョージベアトリスの恋人
パイプライアーズ・エンドの修道院長
クリート夫人植木屋の妻。‘賢者の一族’の出身
ベアトリスリトルファーズ邸のお手伝い

映像化

◆動く指
The Moving Finger, 1985
監督 ロイ・ボウルティング
脚本 ジュリア・ジョーンズ
出演 ジョーン・ヒクソン(マープル)、 マイケル・カルヴァー(エドワード・シミントン)、 デボラ・アップルビー(メーガン・シミントン)、 アンドリュウ・ビックネル(ジェリー・バートン)、 サビナ・フランクリン(ジュアナ・バートン)、 ディリス・ハムレット(モード・カルスロップ)、 ジョン・アーネット(ガイ・カルスロップ)、 サンドラ・ペイン(エリル・グリフィス)、 ヴィクター・マッダーン(P.C.ジョンソン)、 ジェラルド・シム(コロナー)
◆動く指
The Moving Finger, Agatha Christie's MARPLE Season 2, 2006(UK/TVM)
監督 トム・シャンクランド
脚本 ケビン・エリオット
出演 ジェラルディン・マクイーワン(ミス・マープル)、キース・アレン(グレイヴズ)、セルマ・バーロウ(エミリー)、ケリー・ブルック(エルシー)、ジェームズ・ダーシー(ジェリー)、フランシス・デ・ラ・トゥーア(デイン・カルスロップ夫人)、ハリー・エンフィールド(シミントン)、エミリア・フォックス(ジョアナ)、ショーン・パートウィー(グリフィス)、タルラ・ライリー(ミーガン)、ジョン・セッションズ(パイ)、ジェシカ・スティーブンソン(エメ)、イモジェン・スタッブズ(シミントン夫人)、ケン・ラッセル(デイン・カルスロップ司祭)
◆動く指
La Plume empoisonnée, Les petits meurtres d'Agatha Christie, 2009 (fr/TV)
監督 エリック・ウォレット
出演 アントワーヌ・デュレリ(ラロジエール警視)、マリウス・コルッチ(ランピオン刑事)

翻訳履歴

1958 『動く指』高橋豊訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(436)

1977 『動く指』高橋豊訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-27)(+「後輩によるミス・マープル讃歌」)

2004 『動く指』高橋豊訳 早川書房・クリスティー文庫(+解説:久美沙織)
動く指 (クリスティー文庫)

Original content ©1996- K.Nagata