Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
白昼の悪魔 Evil under the Sun, 1941

内容

(クリスティー文庫より)

白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 地中海の平和な避暑地スマグラーズ島の静寂は突如破られた。島に滞在中の美しき元女優が、何者かに殺害されたのだ。犯人が滞在客のなかにいることは間違いない。だが関係者には、いずれも鉄壁とも思えるアリバイが……難航する捜査がついに暗礁に乗り上げたとき、滞在客の中からエルキュール・ポアロが進みでた!



登場人物

オーデル・C・ガードナーホテルの滞在客。アメリカ人観光客
ガードナー夫人同上。オーデルの妻。とってもおしゃべり
バリー少佐同上。インド帰りの退役軍人
スチーブン・レーン同上。狂信的な牧師
エミリー・ブルースター同上。スポーツマンタイプ。でも高所恐怖症
アリーナ・マーシャル(スチュワート)同上。男を惑わす元女優
ケネス(ケン)・マーシャル同上。大尉。アリーナの夫
リンダ・マーシャル同上。ケネスとその前妻の子
ロザモンド・ダーンリー同上。ケネスの幼なじみ。ドレスメーカー
パトリック・レッドファン同上。アリーナにメロメロの好青年
クリスチン・レッドファン同上。パトリックの妻
ホレス・ブラット同上。ぶしつけな男
ミセス・カースルホテルの経営者
グラディス・ナラコットルーム・メード
コルゲート州警察警部
ウェストン警視正州警察本部長
エルキュール・ポアロ私立探偵

映像化

◆地中海殺人事件 地中海殺人事件 デジタル・リマスター版(ユニバーサル・セレクション2008年第11弾)【初回生産限定】
Evil under the Sun, 1982(UK)
監督 ガイ・ハミルトン
脚本 アンソニー・シェーファー
出演 ピーター・ユスチノフ(ポアロ)、 ダイアナ・リグ(アリーナ・マーシャル)、 ロディ・マクダウェル(レックス・ブリュースター)、 マギー・スミス(ミセス・カースル)、 ジェーン・バーキン(クリスチン・レッドファン)、 コリン・ブレイクリー(サー・ホレス・ブラット)、 ニコラス・クレイ(パトリック・レッドファン)、 シルヴィア・マイルズ(ガードナー夫人)、 ジェームズ・メイスン(オーデル・ガードナー)、 デニス・クイリー(ケネス・マーシャル)、 エミリー・ホーン(リンダ・マーシャル)、 ジョン・アリアソン、 ポール・アントリウム、 シリル・コンウェイ
◆白昼の悪魔
Evil under the Sun, Agahta Christie's POIROT VIII, 2002(UK/TVM)
監督 ブライアン・ファーナム
脚本 アンソニー・ホロウィッツ
出演 デビッド・スーシェ(ポアロ)、ヒュー・フレイザー(ヘイスティングス)、フィリップ・ジャクソン(ジャップ警部)、ポーリン・モラン(ミス・レモン)、ティム・ミーツ(スチーブン・レーン), タムジン・メールソン(クリスチン・レッドファン), マイケル・ヒッグス(パトリック・レッドファン), ロジャー・アルボロー(ウェストン警視正), ケビン・ムーア, ルイス・デラメア(アリーナ・スチュワート), デビッド・マリンソン(ケネス・マーシャル), ジェイソン・デイヴィス, ポール・レディ, ローレンス・マックグランドル, グラント・ギレスピー

翻訳履歴

1951 『白晝の惡魔』堀田善衛訳 早川書房(世界傑作探偵小説シリーズ)(+訳者あとがき)

1955 『白昼の悪魔』堀田善衛訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(208)

1976 『白昼の悪魔』鳴海四郎訳 ハヤカワ・ノヴェルズ(+訳者あとがき)

1986 『白昼の悪魔』鳴海四郎訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-82)(+訳者あとがき)

2003 『白昼の悪魔』鳴海四郎訳 早川書房/クリスティー文庫(+解説:若竹七海)
白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

Original content ©1996- K.Nagata