Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
そして誰もいなくなった And Then There Were None, 1939

内容

(クリスティー文庫より)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく! 強烈なサスペンスに彩られた最高傑作! 新訳決定版!



登場人物

ローレンス・ジョン・ウォーグレイヴ高名な元判事
ヴェラ・エリザベス・クレイソン秘書・家庭教師を職業とする娘
フィリップ・ロンバート元海軍大尉
エミリイ・カロライン・ブレント信仰の厚い老婦人
ジョン・ゴードン・マカーサー退役の老将軍
エドワード・ジョー・アームストロング医師
アンソニー・ジェイムズ(トニー)・マーストン遊び好きの青年
ウィリアム・ヘンリー・ブロア元警部
トマス・ロジャースオーエンの召使
エセル・ロジャースオーエンの召使。トマスの妻

翻訳履歴

1939 「死人島」清水俊二訳 『スタア』連載

1952 「そして誰れもいなくなつた」清水俊二訳 『宝石別冊 世界探偵小説全集1』

1955 『そして誰もいなくなつた』清水俊二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(196)(+江戸川乱歩「クリスティー略伝」)

1972 「そして誰もいなくなった」清水俊二訳 『世界ミステリ全集1』早川書房

1975 『そして誰もいなくなった』清水俊二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(196)(改訂版)

1976 『そして誰もいなくなった』清水俊二訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-1)(+各務三郎「童謡殺人」)

1999 『そして誰もいなくなった』講談社インターナショナル(Ruby Books)
そして誰もいなくなった [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックス

1999 『そして誰もいなくなった』日本洋書販売(Detective Englishシリーズ )

2003 『そして誰もいなくなった』清水俊二訳 早川書房/クリスティー文庫(+解説:赤川次郎)

2007 『そして誰もいなくなった』青木久惠訳 早川書房(クリスティー・ジュニア・ミステリ)
そして誰もいなくなった (クリスティー・ジュニア・ミステリ) (クリスティー・ジュニア・ミステリ 1)

2010 『そして誰もいなくなった』青木久惠訳 早川書房/クリスティー文庫(+解説:赤川次郎)
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった

戯曲版 Ten Little Niggers, 1946

初演

1943年11月17日 セント・ジェームズ・シアター(ロンドン)

登場人物

ロジャーズオーエン家の召使い
ミセス・ロジャーズ
ナラコット船頭
ヴェラ・クレイソーンオーエン夫人の秘書
フィリップ・ロンバード元陸軍大尉(小説では海軍大尉)
アンソニー・マーストン財産家の若者
ウィリアム・ブロア元刑事、探偵
マッケンジー将軍退役将軍(小説ではマッカーサー)
エミリー・ブレント独身の老婦人
サー・ロレンス・ウォーグレイヴ元判事
ドクター・アームストロング医者

国内上演

◇そして誰もいなくなった
1963年//劇団未来劇場
◇そして誰もいなくなった
1978年/大阪立正佼成会普門館/大阪放送劇団五期会
演出 岩田直二
◇そして誰もいなくなった
1993年/サンシャイン劇場/フジテレビジョン
演出 青井陽治
出演 かとうかずこ(ヴェラ)、萩原流行(ロンバート)、西本裕行、宮部昭夫、新井康弘、滝田裕介(ウォーグレイヴ)
◇そして誰もいなくなった
1994年/近鉄劇場/東宝
演出 釜紹人
出演 市村正親(ロンバート)、涼風真世(ヴェラ)、若松武(アームストロング)、神保共子、田根楽子、金田龍之介(ウォーグレイヴ)
◇そして誰もいなくなった
1999年/東京グローブ座/大東新社
演出 山田和也
出演 三浦洋一(ロンバート)、藤谷美紀(ヴェラ)、佐野浅夫(ウォーグレイヴ)、江見俊太郎、佐々木勝彦
◇そして誰もいなくなった
2000年/アートスフィア/テレビ東京
演出 山田和也
出演 筒井康隆(ウォーグレイヴ)、藤谷美紀(ヴェラ)、天宮良(ロンバート)、長内美那子、瀬下和久、佐々木克彦
◇そして誰もいなくなった
2003年(2005年再演)/シアターアプル/東宝
演出 小島靖
出演 山口祐一郎(ロンバート)、匠ひびき(ヴェラ)、沢田亜矢子、天田俊明(ウォーグレイヴ)、今拓哉、金田賢一
◇そして誰もいなくなった
2006年/吉祥寺シアター/Theater Harmony East
演出 グレッグ・デール
出演 荒井みのり、平松慎吾、平岳大、岡田真善

映像化

◆そして誰もいなくなった そして誰もいなくなった
And Then There were None, 1945(USA)
監督 ルネ・クレール
脚本 ルネ・クレール、ダドリィ・ニコルズ
出演 ウォルター・ヒューストン(アームストロング医師)、 バリー・フィッツジェラルド(クインキャノン判事)、 ルイス・ヘイワード(ロンバート)、 ローランド・ヤング(ブロア)、 ジューン・デュプレー(ヴェラ・クレイソン)、 C・オーブリー・スミス(マンドレイク将軍)、 ジュディス・アンダーソン(エミリイ・ブレント)、 ミッシャ・オーア、 リチャード・ヘイドン(トマス・ロジャース)、 クイーニー・レナード(エセル・ロジャース)、 Harry Thurston(Fred Narracott)
◆Ten Little Niggers, 1949(UK/TV)
※ケヴィン・シェルドン演出の舞台劇を生中継
出演 John Bentley(Philip Lombard)、 Bruce Belfrage(Sir Lawrence Wargrave)、 Campbell Singer(William Blore)、 Stanley Lemin(Rogers)、 Barry Steele(Narracot)、 John Stuart(Dr. Edward Armstrong)、 Elizabeth Maude(Mrs. Rogers)、 Sally Rogers(Vera Claythorne)、 Douglas Hurn(Anthony Marston)、 Arthur Wontner(General Mackenzie)、 Margery Brice(Emily Brent)
◆Ten Little Niggers, 1959(UK/TV)
※「ITV プレイ・オブ・ザ・ウィーク」にて。
脚本 Robert Tronson
出演 Felix Aylmer(Sir Lawrence Wargrave)、 Laidman Browne(General Mackenzie)、 John Gabriel(Doctor Armstrong)、 Mary Hinton(Emily Brent)、 Viola Keats(Mrs. Rogers)、 Harry Locke(Rogers)、 Norman Mitchell(Narracot)、 Wensley Pithey(William Blore)、 Christine Pollon(Vera Claythorne)、 Michael Scott(Anthony Marston)、 John Stone(Philip Lombard)
◆Ten Little Niggers, 1959(USA/TV)
演出 Paul Bogart、Philip F. Falcone、Leo Farrenkopf、Dan Zampino
脚本 Philip H. Reisman Jr.
出演 Nina Foch(Vera Claythorne)、 Barry Jones(Mr. Justice Sir Lawrence Wargrave)、 Romney Brent(Dr. Edward Armstrong)、 Peter Bathurst(Det. William Henry Blore)、 Kenneth Haigh(Philip Lombard)
◆姿なき殺人者 姿なき殺人者
Ten Little Indians, 1965(UK)
監督 ジョージ・ポロック
脚本 ダドリィ・ニコルズ、ピーター・イェルダム
出演 ヒュー・オブライエン(Hugh Lombard)、 シャーリー・イートン(Ann Clyde)、 フェビアン(Mike Raven)、 レオ・ゲン(General Sir John Mandrake V.C.)、 スタンリー・ホロウェイ(Det. William Henry Blore)、 ウィルフリッド・ハイド・ホワイト(Judge Arthur Cannon)、 ダリア・レヴィ(Ilona Bergen)、 デニス・プライス(Dr. Edward Armstrong)、 マリオ・アドルフ(Joseph Grohmann)、 マリアンヌ・ホップ(Elsa Grohmann)
◆Gumnaam, 1965(India) Gumnaam
監督 Raja Nawathe
脚本 Dhruva Chatterjee、Charandas Shokh
出演 Nanda、 Manoj Kumar、 Pran、 Helen、 Mehmood、 Dhumal、 Madan Puri、 Tarun Bose、 Manmohan、 Naina、 Laxmi Chhaya
◆Zehn kleine Negerlein, 1969(W.Germany/TV)
監督 ハンス・クエスト
出演 アルフレッド・シェスケ(Sir Lawrence Wargrave)、 Fritz Haneke(General Mackenzie)、 Nora Minor(Emily Brent)、 Ingrid Capelle(Vera Claythorne)、 Rolf Boysen(Philip Lombard)、 Alexander Kerst(Dr. Armstrong)、 Werner Peters(William Blore)、 Peter Fricke(Anthony Maston)、 Günther Neutze(Rogers, Butler)、 Edith Volkmann(Mrs. Rogers)、 Matthias Hell(Narracot)
◆Dix petits nègres, 1970(FR/TV)
※「Au théâtre ce soir」にて。
監督 Pierre Sabbagh
脚本 Pierre Brive、Meg Villars
出演 Jean Degrave(Roger)、 Alix Mahieux(Marie)、 Juliette Villard(Véra)、 Henri Garcin(Lombard)、 Bernard Tiphaine(Martone)、 Jean-Claude Arnaud(Blore)、 Henri Crémieux(Mackenzie)、 Viviane Gosset(Émilie)、 Raymond Gérôme(Malgrave)、 Maurice Teynac(Lewis)
◆そして誰もいなくなった
And Then There were None, 1974(IT/FR/DE/ES)
監督 ピーター・コリンソン
脚本 ピーター・ウェルベック、 Erich Kröhnke、 Enrique Llovet
出演 オリバー・リード(Hugh Lombard)、 エルケ・ソマー(Vera Clyde)、 リチャード・アッテンボロー(Judge Arthur Cannon)、 ハーバート・ロム(Dr. Edward Armstrong)、 シャルル・アズナヴール(Michel Raven)、 ステファーヌ・オードラン(Ilona Morgan)、 ゲルト・フレーベ(Wilhelm Blore)、 アドルフォ・チェリ(Gen. André Salvé)、 オーソン・ウェルズ(Voice of Tape)
◆Desyat negrityat, 1987(USSR)
監督・脚本 Stanislav Govorukhin
出演 Vladimir Zeldin(Old Justice Wargrave)、 Tatyana Drubich(Vera Claythorne)、 Aleksandr Kaidanovsky(Philip Lombard)、 Aleksei Zharkov(Mr. Blore)、 Anatoli Romashin(Dr. Armstrong)、 Lyudmila Maksakova(Miss Emily Brent)、 Mikhail Gluzsky(General Macarthur)、 Aleksei Zolotnitsky(Mr. Rogers, servant)、 Irina Tereshchenko(Mrs. Rogers)、 Aleksandr Abdulov(Anthony Marston)、 V. Arzhatkin、 D. Arshinov、 V. Ventsler、 Vyacheslav Zharikov、 Fyodor Odinokov
◆サファリ殺人事件
Ten Little Indians, 1989(USA)
監督 アラン・バーキンショー
脚本 ジャクソン・ハンシッカー、ジェリー・オハラ
出演 ドナルド・プレザンス、ブレンダ・ヴァッカロ、フランク・スタローン、ハーバート・ロム、サラー・マウアー・ソープ、ウォーレン・バーリンジャー、ポール・L・スミス、モイラ・リスター

翻訳履歴

1984 『そして誰もいなくなった』福田逸訳 新水社

1990 「そして誰もいなくなった」『ミステリマガジン』1990年10月号(通巻414号) 麻田実訳

2000 『そして誰もいなくなった』福田逸訳 新水社

Original content ©1996- K.Nagata