Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
死との約束 Appointment with Death, 1938

内容

(クリスティー文庫より)

死との約束 (クリスティ文庫) 「いいかい、彼女を殺してしまわなきゃ……」エルサレムを訪れていたポアロが耳にした男女の囁きは闇を漂い、やがて死海の方へ消えていった。どうしてこうも犯罪を連想させるものにぶつかるのか?ポアロの思いが現実となったように殺人は起こった。謎に包まれた死海を舞台に、ポアロの並外れた慧眼が真実を暴く



登場人物

ボイントン夫人金持ちの未亡人
レノックス・ボイントンボイントン家の長男
ネイディーン・ボイントンレノックスの妻
レイモンド・ボイントンボイントン家の次男
キャロル・ボイントンボイントン家の長女
ジネブラ・ボイントンボイントン家の次女
ジェファーソン・コープネイディーンの友人
サラー・キング女医
テオドール・ジェラール医学博士
ウエストホルム卿夫人婦人代議士
アマベル・ピアス保母
マーモード通訳
カーバリ大佐アンマンの警察署長。レイス大佐友人
エルキュール・ポアロ私立探偵

戯曲化

Appointment with Death, 1946
初演 1945年3月31日 ピカデリー・シアター(ロンドン)

映像化

◆死海殺人事件
Appointment with Death, 1988(USA)
監督 マイケル・ウィナー
脚本 アンソニー・シェイファー、ピーター・バックマン、マイケル・ウィナー
出演 ピーター・ユスチノフ(ポアロ)、 ローレン・バコール(ウエストホルム卿夫人)、 キャリー・フィッシャー(ネイディーン・ボイントン)、 ジョン・ギールグッド(カーバリ大佐)、 パイパー・ローリー(ボイントン夫人)、 ヘイリー・ミルズ(ミス・クイントン)、 ジェニー・シーグローヴ(サラー・キング)、 デヴィッド・ソウル(ジェファーソン・コープ)、 アンバー・ベゼール(ジネブラ・ボイントン)、 マイケル・クレイグ、 ニコラス・ゲスト(レノックス・ボイントン)、 ジョン・ターレスキー(レイモンド・ボイントン)、 マイク・サーン
◆死との約束 Appointment with Death 名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 3
Agahta Christie's POIROT XI, 2008(UK/TVM)
監督 アシュレイ・ピアース
脚本 ガイ・アンドリュース
出演 デビッド・スーシェ(ポアロ)、 ティム・カリー(ボイントン卿)、 シェリル・キャンベル(ボイントン夫人)、 ゾーイ・ボイル(ジニー)、 エマ・カニフェ(キャロル)、 トム・ライリー(レイモンド)、 マーク・ゲイティス(レナード)、 ポール・フリーマン(カーバリ大佐)、 クリスティーナ・コール(サラ・キング医師)、 ベス・ゴダード(シスター・アニエシュカ)、 ジョン・ハナー(ジェラール医師)、 エリザベス・マクガヴァン(ウェストホルム卿夫人)、 クリスチャン・マッケイ(コープ)

翻訳履歴

1957 『死との約束』高橋豊訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(343)

1978 『死との約束』高橋豊訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-33)

2004 『死との約束』高橋豊訳 早川書房・クリスティー文庫(+解説:東野さやか)
死との約束 (クリスティ文庫)

Original content ©1996- K.Nagata