Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
ひらいたトランプ Cards on the Table, 1936

内容

(クリスティー文庫より)

ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 名探偵ポアロは偶然から、夜ごとゲームに興じ悪い噂の絶えぬシャイタナ氏のパーティによばれた。が、ポアロを含めて八人の客が二部屋に分れてブリッジに熱中している間に、客間の片隅でシャイタナ氏が刺殺された。しかも、居合わせた客は殺人の前科をもつ者ばかり……ブリッジの点数表を通してポアロが真相を読む



目次

(ハヤカワ・ミステリ文庫より)

序文
1. シャイタナ氏
2. シャイタナ氏の晩餐
3. ブリッジの勝負
4. 最初の殺人者?
5. 第二の殺人者?
6. 第三の殺人者?
7. 第四の殺人者?
8. 犯人は誰か?
9. ドクター・ロバーツ
10. ドクター・ロバーツ(続)
11. ロリマ―夫人
12. アン・メレディス
13. 二人目の客
14. 三人目の客
15. デスパード少佐
16. エルシー・バットの証言
17. ロウダ・ドーズの証言
18. 幕間のお茶
19. 協議
20. ラクスモア夫人の証言
21. デスパード少佐
22. コンビーカーでの証拠
23. 絹のストッキングの語るもの
24. 三人の殺人容疑者たちを消去?
25. ロリマー夫人は語る
26. 真相
27. 目撃者
28. 自殺
29. 事故
30. 殺人
31. ひらいたトランプ

登場人物

シャイタナブリッジの招待主。洒落者
アリアドニ・オリヴァ夫人探偵作家
アン・メレディス可憐な娘
ジェフリー・ロバーツ医者
ロリマー夫人ブリッジ狂の老婦人
ジョニー・レイス大佐。陸軍情報部部長。ポアロ友人
ヒュー・デスパード少佐。探検家。
バトルロンドン警視庁警視
オコナー巡査部長
ラクスモア夫人植物学者の夫人
ロウダ・ドーズメレディスの同居人。ウェンドン荘持ち主
エルキュール・ポアロ私立探偵

戯曲化

Cards on the Table, London & New York: French 1982
[脚色] レスリー・ダーボン
[初演] 1981年12月9日 ヴォードヴィル・シアター(ロンドン)

映像化

◆ひらいたトランプ 名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 2
Cards on the Table, Agahta Christie's POIROT X, 2006(UK/TVM)
監督 セアラ・ハーディング
脚本 ニック・ディア
出演 デビッド・スーシェ(ポアロ)、ゾーイ・ワナメイカー(ミセス・オリヴァー)、アレクサンダー・シディグ(シェイタナ)、アレックス・ジェニングス(ドクター・ロバーツ)、レスリー・マンヴィル(ロリマー夫人)、リンゼイ・マーシャル(メレディス)、デビッド・ウェストヘッド(ウィーラー警視)、トリスタン・ゲミル(デスパード少佐)、ロバート・ピュー(ヒューズ大佐)
Cartes sur table (2014)
Les petits meurtres d'Agatha Christie, 2014 (fr/TV)
演出 エリック・ウォレット
脚本 Sylvie Simon
出演 Samuel Labarthe, Blandine Bellavoir, Élodie Frenck, Dominique Thomas, Éric Beauchamp, Saïd Amadis, Anne Canovas, Quentin Baillot, Alban Lenoir, Ged Marlon, Aurélia Poirier, Éric Beauchamp, Florence Masure, Sophie Bourdon, Camille Dupond

翻訳履歴

1957 『ひらいたトランプ』加島祥造訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(338)(+「ブリッジの遊び方」)

1976 『ひらいたトランプ』加島祥造訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-2)(+高木重朗「ブリッジについて」)

2003 『ひらいたトランプ』加島祥造訳 早川書房/クリスティー文庫(+解説:新保博久)
ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

Original content ©1996- K.Nagata