Prev | TOP | Next

アガサ・クリスティー
エッジウェア卿の死 Lord Edgware Dies, 1933

内容

(クリスティー文庫より)

エッジウェア卿の死 (クリスティ文庫) 自宅で殺されたエッジウェア卿の妻は、美貌の舞台女優ジェーン・ウィルキンスンだった。彼女は夫との離婚を望んでおり、事件当夜屋敷で姿を目撃された有力な容疑者だった。しかし、その時刻に彼女はある晩餐会に出席し、鉄壁のアリバイがあった……数多くの事件の中でもっとも手ごわい敵に立ち向かう名探偵ポアロ。



目次

(ハヤカワ・ミステリ文庫より)

1. ショウ
2. 晩餐会
3. 金歯の男
4. 会見
5. 殺人起る
6. 未亡人
7. 秘書の話
8. 可能性
9. ヴェロナール
10. ジェニー・ドライヴァー
11. エゴイスト
12. 娘
13. 甥
14. 五つの疑問
15. モンターギュ・コーナー卿
16. 主なる論議
17. 執事
18. 黒幕の男
19. 侯爵未亡人
20. 運転手
21. ロナルドの告白
22. エルキュール・ポアロ
23. 手紙
24. パリからのニュース
25. 午餐会
26. パリ?
27. 鼻眼鏡
28. ポアロの質問
29. ポアロは語る
30. 真相
31. 手記

登場人物

エルキュール・ポアロ私立探偵
ヘイスティングズポアロの友人
ジェーン・ウィルキンスンエッジウェア卿夫人。女優
エッジウェア卿本名=ジョージ・アルフレッド・セント・
ヴィンセント・マーシュ。ジェーンの夫
カーロッタ・アダムズアメリカの女優
ルシー・アダムズカーロッタの妹
ブライアン・マーチン映画俳優
ロナルド・マーシュエッジウェア卿の甥
ジェラルディン・マーシュエッジウェア卿の先妻の娘
キャロルエッジウェア卿の秘書
ジェニー・ドライヴァーカーロッタの友人
ドナルド・ロスパーティにいた男
マートン侯爵若い貴族
マートン侯爵夫人侯爵の母
エリスジェーンの召使い
ジェイムズ・ジャップロンドン警視庁警部

映像化

◆Lord Edgware Dies, 1934(UK)
未公開
監督 ヘンリー・エドワーズ
脚本 H. Fowler Mear
出演 オースティン・トレバー(ポアロ)、 ジェーン・カー(エッジウェア卿夫人)、 リチャード・クーパー(ヘイスティングズ)、 ジョン・ターンブル(ジャップ警部)、 Michael Shepley(ロナルド・マーシュ)、 Leslie Perrins(ブライアン・マーチン)、 C.V. France(エッジウェア卿)、 Esme Percy(マートン侯爵)
◆エッジウェア卿殺人事件
Thirteen at Dinner, 1985(USA/TVM)
監督 ルー・アントニオ
脚本 ロッド・ブラウニング
出演 ピーター・ユスチノフ(エルキュール・ポアロ)、 フェイ・ダナウェイ(ジェーン・ウィルキンスン)、 デビッド・スーシェ(ジャップ警部)、 ジョナサン・セシル(ヘイスティングズ)、 アマンダ・ペイズ、 John Barron(エッジウェア卿)、 Lee Horsley(ブライアン・マーチン)、 Bill Nighy(ロナルド・マーシュ)、 Avril Elgar(キャロル)、 Diane Keen(ジェニー・ドライヴァー)、 Benedict Taylor(ドナルド・ロス)
◆エッジウェア卿の死
Lord Edgware Dies, Agahta Christie's POIROT VII, 2000(UK/TVM)
監督 ブライアン・ファーナム
脚本 アンソニー・ホロウィッツ
出演 デビッド・スーシェ(ポアロ)、ヒュー・フレイザー(ヘイスティングス)、フィリップ・ジャクソン(ジャップ警部)、ポーリン・モラン(ミス・レモン)、Helen Grace(Jane Wilkinson), John Castle(Lord Edgware), Fiona Allen(Carlotta Adams), Dominic Guard(Bryan Martin), Deborah Cornelius(Penny Driver), Hannah Yelland(Geraldine Marsh), Tim Steed(Ronald Marsh), rest of cast listed alphabetically), Jonathan Aris(Receptionist), Tom Beard(Duke of Merton), Mark Brignal(Addison), Virginia Denham(Alice), Rory Firth(Pageboy), Iain Fraser(Donald Ross), Christopher Guard(Alton), Janet Hargreaves(Lady Corner), John Hart Dyke(Thompson), Aliza James(Lucie Adams), Nicola Michaels(Airport Clerk), Lesley Nightingale(Miss Carroll), John Quentin(Sir Montagu Corner), Fenella Woolgar(Ellis)
◆エッジウェア卿の死
Le Couteau sur la nuque, Les petits meurtres d'Agatha Christie, 2012(FR)
監督 Renaud Bertrand
脚本 Thierry Debroux
出演 アントワーヌ・デュレリ(ラロジエール警視)、マリウス・コルッチ(ランピオン刑事)

翻訳履歴

1955 『エッジウェア卿の死』福島正実訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(190)(+福島正実「クリスティーについて」)

1956 『E男爵の死』松本恵子訳 講談社

1959 『金の小箱のなぞ』福島正美訳 中学生傑作文庫(学研・中学一年コース付録)

1963 『すりかえられた顔/金の小箱のなぞ』福島正実訳 高文社(ミステリー・ダイジェスト・シリーズ)

1975 『晩餐会の13人』厚木淳訳 創元推理文庫(+訳者あとがき)

1979 『エッジウェア卿の死』福島正実訳 ハヤカワ・ミステリ文庫(HM1-50)

1990 『エッジウェア卿殺人事件』蕗沢忠枝訳 新潮文庫(+解説:蕗沢忠枝)

2004 『エッジウェア卿の死』福島正実訳 早川書房・クリスティー文庫(+解説:高橋葉介)
エッジウェア卿の死 (クリスティ文庫)

Original content ©1996- K.Nagata