謎のクィン氏
The Mysterious Mr. Quin

英初版:Collins 1930年
米初版:Dodd Mead 1930年


謎のクィン氏 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) クィン氏の事件簿 (創元推理文庫 105-10)

内容

窓にうつる幽霊の影が目撃したもの。事件当日にメイドが大空に見た不吉な兆候。カジノのルーレット係が見せた奇怪な振る舞い。一枚の絵が語る自殺の真相――事件の陰にドラマあり。神秘の探偵ハーリ・クィン氏と、人生の観察者サタースウェイト氏の名コンビ登場!幻想味あふれる珠玉の連作短篇12篇、新訳決定版
(早川書房 クリスティー文庫)

大晦日の夜、片田舎の古い館を謎めいた男が訪れた。彼を腰を落ち着けると、昔この館で起きた怪事件の秘密を見事に解き明かす……上記「クィン氏登場」他、神秘の探偵ハーリ・クィンの活躍を描く11篇を収録。幻想と推理を巧みに結合させた、女史の作品中ひときわ異彩を放つ珠玉短編集!
(早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫)

推理小説の女王クリスティは幾多の名探偵を創造したが、なかでも本書のハーリ・クィン氏は、ポワロ、マープル、パーカー・パインと並ぶビッグ4である。一方にゴシップ好きな人生の傍観者サタースウェイト老人を配し、クィン氏の推理の全貌とその活躍ぶりを紹介する、クリスティ・ファンの逸すべからざる力作短編全12編を収録した。
(東京創元社 創元推理文庫)



目次

The Coming of Mr. Quin クィン氏登場
The Shadow on the Glass 窓ガラスに映る影
At the Bells and Motley 〈鈴と道化服〉亭奇聞
The Sign in the Sky 空のしるし
The Soul of the Croupier クルビエの真情
The Man from the Sea 海から来た男
The Voice in the Dark 闇の声
The Face of Helen ヘレンの顔
The Dead Harlequin 死んだ道化役者
The Bird with the Broken Wing 翼の折れた鳥
The World's End 世界の果て
Harlequin's Lane 道化師の小径

翻訳履歴

収録短編

クィン氏登場 The Coming of Mr.Quin

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
アプルトン毒殺された老人
アプルトン夫人アプルトン老人の妻
トム・イーヴシャム地方選出の議員。ロイストン館主人
ローラ・イーヴシャムトム・イーヴシャム妻。旧姓キーン
デリク・ケープルイーヴシャム友人。自殺
リチャード・コンウェイ卿イーヴシャム友人。軍人
マージョリー・ディルクデリク・ケープルGF
ネッドコンウェイ卿の猟犬
アレク・ポータルエリナ・ポータルの夫
エリナ・ポータルオーストラリア生まれの女
ローヴァーデリク・ケープルの犬
サタースウェイト

映像化

The Passing of Mr. Quinn
1928年 イギリス サイレント 未公開
監督:ジュリアス・ヘイゲン 脚本:レスリー・S・ヒスコット
出演:トリルビー・クラーク(アプルビィ夫人)、アーシュラ・ジーンズ(メイド)、スチュワート・ローム(クィン)、クリフォード・ヘザーリー(アプルビィ氏)、メアリー・ブロフ(コック)、Vivian Baron(デリク・ケープル)、Kate Gurney(Landlady)

翻訳履歴

1963 「クィン氏登場」『海から来た男』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1971 「クイン氏登場」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「クイン氏登場」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1979 「ハーリー・クィン登場」『クリスティーの6個の脳髄』各務三郎編、深町眞理子訳 講談社文庫

1986 「ハーリー=クィン登場」『アガサ=クリスティ 推理・探偵小説集(1)』各務三郎編、深町眞理子訳 偕成社文庫

2004 「クィン氏登場」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫

窓ガラスに映る影 The Shadow of the Glass

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
ジミー・アレンソン大尉。グリーンウェイズ荘の客
ネッド・アンカートングリーンウェイズ荘主人
アンカートン夫人ネッド・アンカートン妻
イーヴシャム離婚した夫婦
ウィンクフィールド警部
エリオットグリーンウェイズ荘旧主人
モイラ・スコットリチャードの若妻。グリーンウェイズ荘客
リチャード・スコット狩猟家&探検家。グリーンウェイズ荘客
アイリス・スタヴァントン狩猟家の婦人。グリーンウェイズ荘客
スタンリー踊り子と駆け落ちした男
トムスングリーンウェイズ荘執事
シンシア・ドレージグリーンウェイズ荘客。サタースウェイト氏友人
ジョン・ポーター少佐。殊勲章保持者。グリーンウェイズ荘客

翻訳履歴

1963 「窓ガラスに映る影」『海から来た男』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1971 「窓にうつる影」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「窓ガラスに映る影」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「窓ガラスに映る影」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫

〈鈴と道化服〉亭奇聞 At the Bells and Motley

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
スティーヴン・グラントアシュリ荘馬丁。大尉
クロンディニス軽業師一家
ウィリアム(ビリー)・ジョーンズ道化荘主人
メァリー・ジョーンズビリーの娘。グラント大尉恋人
シンクレア夫人ミス・ル・クートーの付添い女
リチャード・ハーウェルアシュリ荘主人。大尉
ジョージ・フォスターマージック荘主人。サタースウェイト氏友人
サイラス・B・ブラドバーンアメリカの百万長者
ジョン・マシアスアシュリ荘園丁
マシアス夫人アシュリ荘コック。園丁マシアスの妻
マスターズサタースウェイト氏運転手
エリナ・ル・クートーカナダ人。ハーウェル大尉妻
レッカン卿ミス・ル・クートー崇拝者

翻訳履歴

ハウエル大尉の失踪

1929 「魔法の人」『アクロイド殺し』松本恵子訳 平凡社(世界探偵小説全集)

1957 「ハウエル大尉の失踪」長沼弘毅訳『宝石』第12巻第4号(3月号 アガサ・クリスティ特集)

1963 「道化荘奇聞」『海から来た男』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1971 「鈴と道化服亭」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「道化荘奇聞」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「〈鈴と道化服〉亭奇聞」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫

空のしるし The Sign in the Sky

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
キャリーディアリング・ヒル荘メイド
デールディアリング・ベールの医師
シルヴィア・デールデール医師娘。マーティン・ワイルド恋人
デンマンバーナビー卿秘書の知人。カナダ人
トムスンバーナビー卿秘書
ジョージ・バーナビー卿ディアリング・ヒル館主人
ヴィヴィアン・バーナビーバーナビー卿若妻
ルイーザ・バラードディアリング・ヒル荘メイド
マーティン・ワイルドヴィヴィアン・バーナビー愛人

翻訳履歴

1963 「大空に現われた兆」『海から来た男』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1971 「空に描かれたしるし」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「大空に現われた兆」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「空のしるし」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫

クルピエの真情 The Soul of the Croupier

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
ピエール・ヴォーシュカジノのルーレット係
ザーノヴァ伯爵夫人
エリザベス・マーティンフランクリン・ラッジの友人
ミラベルパリの人気女優
ラジンスキーハンガリーの旧家
フランクリン・ラッジアメリカ人観光客

翻訳履歴

1963 「ルーレット係の魂」『海から来た男』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1971 「ある賭博係の心情」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「ルーレット係の魂」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「クルピエの真情」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫

海から来た男 The Man from the Sea

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
オルガ若い歌手
ババ・キンダーズレー初老の女
アントニー・コズデン病魔に冒された男
ジョンラ・パズ荘主人の息子
マニュエル別荘ラ・パズの庭師

翻訳履歴

1959 「海から来た男」妹尾韶夫訳『別冊宝石』第83号

1963 「海から来た男」『海から来た男』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ

1971 「海から来た男」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「海から来た男」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1995 「海から来た男」『海から来た男(アガサ・クリスティー探偵名作集16)』各務三郎訳 岩崎書店

2004 「海から来た男」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫

闇の声 The Voice in the Dark

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
ローリー・ヴァヴァスアマージャリー・ゲイルのいとこ
カッソン夫人霊媒
マーシア・キーンマージャリー・ゲイル友人
アリス・クレイトンアポッツ・ミード荘メイド
チャーリー・ゲールバーバラ・ストランリーの前夫。マージャリー父
マージャリー・ゲールバーバラ・ストランリーの娘
バーバラ・ストランリーアボッツ・ミード荘女主人。男爵夫人
ストランリー卿バーバラ・ストランリーの又従兄
ノエル・バートンマージャリー・ゲイル婚約者。牧師補
ビアトリス・バロンバーバラ・ストランリーの姉
ビンボーバーバラ・ストランリーの恋人
ボタセッティイタリア人海水浴客
ルードルフバーバラ・ストランリーの以前の夫

翻訳履歴

1963 「闇の声」『翼の折れた鳥』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(773)

1971 「闇からの声」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「闇の声」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「闇の声」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫

ヘレンの顔 The Face of Helen

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
フィリップ(フィル)・イーストニー科学者。ジリアン・ウェスト崇拝者
ジリアン・ウェスト美女
チャーリー・バーンズ船会社社員。ジリアン・ウェスト婚約者
マスターズサタースウェイト氏運転手
ヨアシュビム新進テノール歌手

翻訳履歴

1963 「ヘレンの顔」『翼の折れた鳥』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(773)

1971 「ヘレンの美貌」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「ヘレンの顔」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1979 「ヘレンの顔」『クリスティーの6個の脳髄』各務三郎編、深町眞理子訳 講談社文庫

1986 「ヘレンの顔」『アガサ=クリスティ 推理・探偵小説集(1)』各務三郎編、深町眞理子訳 偕成社文庫

2004 「ヘレンの顔」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫

死んだ道化役者 The Dead Harlequin

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
ミス・オストランダチャーンリー荘の客
アスペイジア・グレン女優
コッブハーチェスター画廊主人
アルジー・ダーシーチャーンリー荘の客
アリックス・チャーンリーチャーンリー卿妻
ディッキー・チャーンリーチャーンリー家当主。イートン在学中
ヒューゴー・チャーンリーレジー・チャーンリー卿縁者
レジー・チャーンリー卿チャーンリー荘主人
モニカ・フォードメリアムの保母
フランク・ブリストー新進画家
メリアムチャーンリー卿夫人の知人
モンクトン大佐。サタースウェイト氏友人

翻訳履歴

1963 「死んだ道化役者」『翼の折れた鳥』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(773)

1971 「死せる道化役者」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「死んだ道化役者」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1995 「死せる道化師」『海から来た男(アガサ・クリスティー探偵名作集16)』各務三郎訳 岩崎書店

2004 「死んだ道化役者」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫

翼の折れた鳥 The Bird with the Broken Wing

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
ジェラード・アンズリーレーデル屋敷の客。メイベルの夫
メイベル・アンズリーレーデル屋敷の客
ウィンクフィールド警部
デーヴィッド・キーリーレーデル屋敷の主。マッジ・キーリーの父
マッジ・キーリーサタースウェイト氏友人
クライズリー不運な一家
ロジャー・グレアムレーデル屋敷の客。マッジ・キーリー婚約者
グレアム夫人レーデル屋敷の客。ロジャーの母
ドリス・コールズレーデル屋敷の客
モリス医師

翻訳履歴

1963 「翼の折れた鳥」『翼の折れた鳥』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(773)

1971 「翼の折れた小鳥」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「翼の折れた鳥」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「翼の折れた鳥」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫

世界の果て The World's End

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
ヴァイズ演劇プロデューサー
ネイオーマイ・カールトン・スミス新進画家
アレック・ジェラード脚本家
ヘンリー・ジャッドロジーナ・ナンの夫
トムリンスン引退したインド判事
ロジーナ・ナン女優
マニュエルカンヌのホテルの亭主
レディ・リース公爵夫人

翻訳履歴

1963 「世界の果て」『翼の折れた鳥』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(773)

1971 「世界の果て」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「世界の果て」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「世界の果て」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫

道化師の小径 Harlequin's Lane

登場人物

ハーリ・クィン神秘の探偵
クロード・ウィッカム芸術好きの青年
サージァス・イヴァノヴィッチ・オラノフロシアの大公
カルサノーヴァロシアのバレリーナ
モリー・スタンウェルサタースウェイト氏知人
ジョン・デンマンアシュミード荘主人
アンナ・ミハイロヴナ・デンマンジョンの妻
マンリーメルトン・ヒース住人
ローシャイマー夫人メルトン・ヒース住人。ローシャイマー卿夫人
レオポルド・ローシャイマー卿メルトン・ヒース住人

翻訳履歴

1963 「道化師の小径」『翼の折れた鳥』石田英二訳 ハヤカワ・ポケットミステリ(773)

1971 「ハーリクィンの小道」『クィン氏の事件簿』一ノ瀬直二訳 創元推理文庫

1978 「道化師の小径」『謎のクィン氏(クリスティ短編集5)』石田英士訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「道化師の小径」『謎のクィン氏』嵯峨静江訳 早川書房・クリスティー文庫